Somatic Field Project | プロジェクトについて

Somatic Field Project | プロジェクトについて

Somatic Field Project(ソマティック・フィールド・プロジェクト)は、振付家・梅田宏明が2014年に始動した、新たなダンスカンパニー設立に向けたプロジェクトです。このプロジェクトでは、あらゆるソマティック(身体的)な実験が行われる人間の身体をひとつの研究フィールド(領域)として捉え、実践的なリサーチを行っていきます。

ここで研究される身体言語を梅田は Kinetic Force Method と命名。物理学でいう「キネティック・フォース=運動力」を、美しい「フロー」として身体に通すことを目的としたメソッドです。

Somatic Field Project では、この運動を主軸に据え、国内外の若いダンサーたちと長期的にムーブメントの探究と実験を行っていきます。また他ジャンルのアーティストやリサーチャーとの共同研究も行う予定です。そうして持続的にワークショップを重ねた先に、梅田はカンパニー・ベースによる強靱な創作活動の誕生を見据えています。

Choreographer Hiroaki Umeda commenced Somatic Field Project in 2014 as a preparatory research project for launching his own dance company in the future. In this project, a practice-based research will be conducted by considering human body as a specific research field, in which all somatic experiments take place.

It is a method that aims to develop a coherent system of flows by piercing through dancers’ bodies with what is known as kinetic force in physics. Umeda calls the physical language that emerges from this research as the ‘Kinetic Force Method’.

The Somatic Field Project is a long-term project that examines various movements on the basis of this kinetic theory with young dancers in Japan and abroad. The project also seeks to develop collaborations with artists and researchers of other disciplines. Umeda believes that this durational research will form a solid creative matrix, which is essential for developing substantial company-based works in the future.