東京公演 2019/6/15(土)〜16(日)

梅田宏明 + Somatic Field Project 『2 – taxon』

2019年6月15日(土)〜16日(日)

あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

ダンス、サイエンス、テクノロジーアート、音楽など国内外で多ジャンルに渡り活躍する梅田宏明が、自身のソロ作品の再演のほか、2つの振付作品新作からなるトリプルビルを上演。自身のプロジェクト「Somatic Field Project」のダンサー出演のダンス作品新作、シーンのトップレベルで活躍するヒップホップダンサー3名を招いてのダンス作品新作に加え、これまでに世界約20ヵ国・45都市で上演されてきた自身のソロ『Holistic Strata』も上演する。また、ロビーではMUTEK.JPとのコラボレーションの元、VRインスタレーションの新作も展示予定。

日程 | Date


2019年6月15日(土) 15:00/19:00*

2019年6月16日(日) 15:00*

受付開始/ロビー開場=開演の60分前
客席開場=開演の30分

*の回はアフタートークを実施します
※ 未就学児のご同伴、ご入場はご遠慮ください
※ 作品上演中の途中入退場はお断りさせていただきます
※ スケジュール・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください

アフタートークゲスト

15(土)19時の回:中村勇吾 氏[インターフェースデザイナー]
16(日)15時の回:畠中実 氏[NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員

中村 勇吾

ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター。1970年奈良県生まれ。
東京大学大学院工学部卒業。多摩美術大学教授。1998年よりウェブデザイン、インターフェースデザインの分野に携わる。2004年にデザインスタジオ「tha ltd.」を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション/デザイン/プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。主な仕事に、ユニクロの一連のウェブディレクション、KDDIスマートフォン端末「INFOBAR」のUIデザイン、NHK教育番組「デザインあ」のディレクションなど。主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワードグランプリ、TDC賞グランプリ、毎日デザイン賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞など。

畠中 実

1968年生まれ。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員。2000年の「サウンド・アート―― 音というメディア」展以降、多くの展覧会を手がける。近年の企画は「坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME」(2017年)。ほか、個展企画も多数行なっている。美術および音楽批評。

会場 | Venue


あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル 2F
・東京メトロ 有楽町線「東池袋駅」6・7出口より直結
・JR他「池袋駅」東口よりグリーン大通り直進 徒歩10分
・都電荒川線「東池袋四丁目駅」より徒歩2分

プログラム | Program


Holistic Strata

2011年に山口情報芸術センター(YCAM)で制作され、これまでに世界20ヵ国以上で上演されてきた梅田の代表作の一つ。ダンス作品もビジュアルアートの一部と定義し、人・光・音の境なく空間を振り付ける。

ヒップホップダンサー出演 新作[世界初演]

国内のヒップホップダンスシーンの最前線で活躍する3名のダンサーを招き、ダンサーの柔靭な身体性と梅田の振付システムを融合させ、舞台作品に発展させる。

Somatic Field Project ダンサー出演 新作[世界初演]

梅田が自身の経験より構築してきた「Kinetic Force Method」を用いたトレーニングを重ねたダンサーを起用したSomatic Field Project最新作品。

VRインスタレーション展示

MUTEK.JPとのコラボレーションにより、梅田のVRインスタレーションのプロトタイプを展示。
※ 2~3分のVR作品ですが、一度に体験できるのが8名様までとなります。開演時間の1時間前よりご体験いただけますので、お時間には余裕を持ってお越しください。

振付・出演 | Cast


梅田 宏明(うめだ ひろあき) | 振付・出演
2002年より自身の振付作品がパリ・シャイヨー国立劇場など世界各地に招聘され、これまでの公演先は世界40ヵ国/150都市以上に上る。作品では振付、ダンスだけでなくサウンド・映像・照明デザインも手がけ、作品はテクノロジーアートや音楽の分野などでも多く上演されている。身体的感覚にフォーカスしたインスタレーションも制作しており、映像作品は21_21 DESIGH SIGHTの「AUDIO ARCHITECTURE展」で展示されたほか、ドーム型映像作品も世界複数のフェスティバルで受賞し、上映されている。

AYUMI
大阪府出身。13歳よりストリートダンスを始める。クラブシーンやコンテストに精力的に挑戦し実力をつけ、ダンスセンスと身体能力の高さでフィメールヒップホップシーンの重要ポジションを担う。現在はSHAFT BLAZEのリーダーとして大阪を拠点に活動しながらジャンルレスに活動範囲を広げ、自身の表現力を磨いている。数々のコンテストやバトルで入賞、国内外のコンテスト審査員やゲスト出演、舞台出演も多数。
【経歴抜粋】
JAPAN DANCE DELIGHT VOL.17, 18, 19, 21, 22, 23 FINALIST
シディ・ラルビ・シェルカウイ演出舞台「PLUTO」出演
2020東京オリンピック・パラリンピック プレイベントオープニングアクト

Chika-J
関西を拠点に国内外で活躍するヒップホップダンサー。ストリートダンスシーンでは海外を含め様々なコンテストやバトルで好成績を残す。日々鍛錬を重ねたボディーコントロールにより表現される、しなやかで繊細な動きは彼女のダンスに大いなる説得力を与える。ヒップホップの原点的な感覚を礎としつつ、そこから繋がる様々な可能性に貪欲にアプローチし「ヒップホップ+α」な独自の哲学・世界観・ダンス観を確立している。
【経歴抜粋】
JAPAN DANCE DELIGHT VoL. 15, 17, 18, 22, 23, 24 FINALIST
Juste Debout 台湾 2013 Hip hop 優勝
舞台公演 Life is … 総合演出・振付・出演

YULI
3歳からクラシックバレエを習う。中学生の時ストリートダンスに出会い、HIPHOP、JAZZ、POPPING、ANIMATIONを学ぶ。大学では演劇学部ダンスコースでコンテンポラリーと演劇を学んだ後、LA.でANIMATIONスタイルを学ぶ。JUSTE DEBOUT JAPON 2013で準優勝し、POPPINGを軸に女性らしさを活かしR&B musicをメインとしたショーケースで評価を得る。チームとしては数々のヒット曲を生んできた”ハマの大怪獣”OZROSAURUSの楽曲を使用したSHOWCASEを披露。SMBC日本シリーズ 横浜スタジアムでOZROSAURUS本人とのパフォーマンスも行なった。
【経歴抜粋】
JUSTE DEBOUT JAPON 2013 準優勝
DANCE DANCE ASIA in TOKYO 2015年 出演
Amazon プライムビデオ 「合法レシピ」エンディングテーマ 主演ダンサー/振付

Somatic Field Project | 出演
振付家・梅田宏明が、日本の若手ダンサーの育成と、自身のムーブメント・メソッド「Kinetic Force Method」の発展を目的と して2014年に開始した長期リサーチプロジェクト。梅田の振付で用いているメソッドをベースにしたトレーニングにより生まれるダンサーの強靭な身体性を基盤に、様々なアーティストや研究者とのコラボレーションを通して実践的なリサーチや創作活動を行う

中村 優希、加賀田 フェレナ、齊藤 コン、京極 朋彦、大塚 郁実、小松 菜々子、熊谷 理沙、三田 真央、原正樹

チケット情報 | Tickets


4月13日(土) 10:00より各種プレイガイドで発売

一般前売り:¥3,500
一般当日:¥4,000
学生:¥2,500(当日指定席引換・要証明書)
豊島区民割引:¥3,300(在勤・在住/としまチケットセンターのみ前売り取り扱い/要証明書)

チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:493-538)
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1913785e
ローソンチケット0570-000-407(オペレーター)、0570-084-003(Lコード:34975)
https://l-tike.com/order/?gLcode=34975h
イープラスhttps://eplus.jp/sf/detail/2556980001h
としまチケットセンター03-5391-0516
https://www.owlspot.jp/events/performance/2taxon.html
[電話・窓口10:00~19:00、休館日を除く]

クレジット | Credits


2019/2020 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ

振付:梅田宏明
舞台監督:尾崎聡
映像、音響:吉田佳弘(エディスグローヴ)
照明:伊藤雅一(RYU)
フライヤーデザイン:小池俊起
マネジメント:田野入涼子
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、芸術文化振興基金
協力:公益財団法人セゾン文化財団、MUTEK.JP、AKIKO (LTG Inc.)
共催:あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)
主催:合同会社S20、Somatic Field Project