Somatic
Field
Project

NEWS
ABOUT

Somatic Field Project | プロジェクトについて

Somatic Field Project(ソマティック・フィールド・プロジェクト)は、振付家・梅田宏明が2014年に始動した、新たなダンスカンパニー設立に向けたプロジェクトです。このプロジェクトでは、あらゆるソマティック(身体的)な実験が行われる人間の身体をひとつの研究フィールド(領域)として捉え、実践的なリサーチを行っていきます。

ここで研究される身体言語を梅田は Kinetic Force Method と命名。物理学でいう「キネティック・フォース=運動力」を、美しい「フロー」として身体に通すことを目的としたメソッドです。

Somatic Field Project では、この運動を主軸に据え、国内外の若いダンサーたちと長期的にムーブメントの探究と実験を行っていきます。また他ジャンルのアーティストやリサーチャーとの共同研究も行う予定です。そうして持続的にワークショップを重ねた先に、梅田はカンパニー・ベースによる強靱な創作活動の誕生を見据えています。

Somatic Field Project | プロジェクトについて

Somatic Field Project(ソマティック・フィールド・プロジェクト)は、振付家・梅田宏明が2014年に始動した、新たなダンスカンパニー設立に向けたプロジェクトです。このプロジェクトでは、あらゆるソマティック(身体的)な実験が行われる人間の身体をひとつの研究フィールド(領域)として捉え、実践的なリサーチを行っていきます。

ここで研究される身体言語を梅田は Kinetic Force Method と命名。物理学でいう「キネティック・フォース=運動力」を、美しい「フロー」として身体に通すことを目的としたメソッドです。

Somatic Field Project では、この運動を主軸に据え、国内外の若いダンサーたちと長期的にムーブメントの探究と実験を行っていきます。また他ジャンルのアーティストやリサーチャーとの共同研究も行う予定です。そうして持続的にワークショップを重ねた先に、梅田はカンパニー・ベースによる強靱な創作活動の誕生を見据えています。

Choreographer Hiroaki Umeda commenced Somatic Field Project in 2014 as a preparatory research project for launching his own dance company in the future. In this project, a practice-based research will be conducted by considering human body as a specific research field, in which all somatic experiments take place.

It is a method that aims to develop a coherent system of flows by piercing through dancers’ bodies with what is known as kinetic force in physics. Umeda calls the physical language that emerges from this research as the ‘Kinetic Force Method’.

The Somatic Field Project is a long-term project that examines various movements on the basis of this kinetic theory with young dancers in Japan and abroad. The project also seeks to develop collaborations with artists and researchers of other disciplines. Umeda believes that this durational research will form a solid creative matrix, which is essential for developing substantial company-based works in the future.

MEMBER

梅田 宏明 | Hiroaki Umeda

Choreographer

振付家、ダンサー、ビジュアル・アーティスト。


2000年、カンパニー「S20」設立。2002年、横浜ダンスコレクションRで発表した『while going to a condition』が高く評価され、フランスのRencontres Choréographiques Internationalesに招聘される。2007年、パリのシャイヨー国立劇場で『Accumulated Layout』を上演。以後、デジタル・イメージ、ミニマル・サウンドスケープ、そして雄弁な身体を美しく統合するソロ新作群が、旧作と共に世界のフェスティバルや劇場より招聘される。 2009年には、10年計画となる振付プロジェクト「Superkinesis」を開始、異なる文化的背景を持つダンサーとの共同創作を行っている。その他委託振付作品に、ゴッテンブルグ・オペラ・ダンスカンパニー『Interfacial Scale』(2013年)、 L.A. Dance Project『Peripheral Stream』(2014年)など。

2010年からは錯視と身体的没入感覚にフォーカスしたインスタレーション作品も制作。主な作品に『Haptic Installation』(2010年)、『Holistic Strata Installation』(2011年)、『split flow Installation』(2012年)などがある。2010年、アルスエレクトロニカ(リンツ) デジタルミュージック・サウンドアート部門入賞。

2014年には、日本の若手ダンサーの育成と、自身のムーブメント・メソッド「Kinetic Force Method」の発展を目的として「Somatic Field Project」を開始。

Hiroaki Umeda is a choreographer and a multidisciplinary artist recognized as one of the leading figures of the Japanese avant-garde art scene. Since the launch of his company S20, his subtle yet violent dance pieces have toured around the world to audience and critical acclaim. His work is acknowledged for the highly holistic artistic methodology with strong digital back ground, which considers not only physical elements as dance, but also optical, sensorial and, above all, spatiotemporal components as part of the choreography. Based on his profound interest in choreographing time and space, Umeda has spread his talent not only as a choreographer and dancer, but also as a composer, lighting designer, scenographer and visual artist.

In 2009, Umeda commenced his ten-year choreographic project ’Superkinesis’ working with dancers of distinct physical backgrounds. His commissioned works include Interfacial Scale (2013) for GötenborgsOperans Danskompani in Sweden and Peripheral Stream (2014) for L.A. Dance Project in the US.

In order to extend his interest in providing an unknown sensorial experience to the audience, Umeda has been working on series of installations since 2010, which mainly focuses on optical illusion and physical immersion. His string of works combining visual and physical sensation has earned him Prix Ars Electronica, Honorary Mention, in 2010.

In 2014, he started ‘Somatic Field Project’, aiming at nurturing young dancers as well as his own movement method ‘Kinetic Force Method’.

中村 優希 | Yuki Nakamura

3歳よりクラシックバレエを始める。日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。これまでに、梅田宏明、笠井瑞丈、村本すみれ、上野天志、三東瑠璃、青木尚哉、井手茂太、小池陽子などの作品に出演。RADWIMPS「光」MV(振付:ストウミキコ)にダンサーとして出演するなど、活動の幅を広げている。

加賀田 フェレナ | Ferena Kagata

東京都出身。University of Oregonダンス学部卒業。現在はダンサーとして活動する傍ら、翻訳・通訳も務める。Michelle Boulé、Katie Scherman、北村明子などの作品にも出演。Somatic Field Projectには2015年から参加。

PAST WORKS